永久脱毛の定義とその手法

 

永久脱毛という言葉を聞くと

永久脱毛という言葉を聞くと一生毛が生えてこないというイメージをもたれる方も多いのですが、それは少しだけ違います。永久脱毛には定義が存在し、それは施術終了から1か月経っても毛の再生率が20%以下の場合だとされているのです。つまりもし施術後に毛が生えたとしても、それが全体の20%以下であれば永久脱毛が成功したと言えるのです。

同じ施術を受けたとしても全く生えてこなくなったという方もいればそうでない方もいます。永久脱毛という言葉を使っていなかったとしても、自分の満足する結果をもたらしてくれそうな医療機関なりサロンなりを利用するのがおすすめです。ちなみに永久脱毛は医療行為であるとされるため、医療機関以外で宣伝文句に使うことはできないと言われています。

 

現在脱毛方法として主流となっているのは光脱毛ですが、光脱毛の場合永久脱毛ではなく永久減毛という考え方が主流です。これは毛が減少する、その状態が長期間維持される状態を指します。ですがそうだからといって光脱毛の効果がないというわけでは決してないのです。光脱毛によって毛が全く生えてこないという効果を実感している方は大勢います。

また別の言葉で不再生脱毛というものもあります。これは永久性に関しての保障はありませんが、施術を行うことにより毛が再生しないといった意味合いを含みます。脱毛方法には様々なものがあるので、永久に生えてこないという状態を一番の希望とするよりは痛みや肌の問題や通う期間、価格、評判などを重視して脱毛方法や施術を行う場所を選んでいくのが賢い選択だと言えます。

 

たとえば前述した光脱毛は他の脱毛法に比べて料金が安く、施術時間が短く、また痛みもほとんどないという特徴があります。これらの特徴に魅力を感じ、光脱毛を選ぶ方はとても多いのです。もちろん確実性を求めて電気脱毛という方法を選ぶ方もいます。これは現在永久性に一番近いと言われている脱毛方法です。

脱毛エステサロンのメリット

脱毛エステサロンは、現在多くの女性に利用されています。 なぜ、お金を払ってまで脱毛をするのでしょうか? 脱毛エステサロンのメリットって、一体何なのでしょうか?

●自己処理をする必要がなくなる
体毛の自己処理って、とっても面倒ですよね。 一般的にはカミソリで処理をする方がほとんどかと思いますが、1日もすればもう新しい体毛が生えてきます。 しかも、チクチクして痛いですよね・・・。 脱毛エステサロンで脱毛すれば、時間こそかかりますが最終的には自己処理の必要ないお肌になれます。 なによりのメリットです。

●自己処理による肌荒れをなくせる
カミソリで処理すると、肌荒れを起こす方は多くありませんか? ブツブツが出来てしまったり、カサカサになるというケースを頻繁に見聞きします。 それは、単にお肌が弱いからというだけではなく、カミソリによってお肌を傷めてしまっているのです。

続けていくことで、毛穴の黒ずみが目立ったり、色素が沈着してしまってお肌本来の色が変わってしまう場合もあります。 ですので、お肌に負担の少ない光脱毛で施術すれば、お肌のトラブルも防ぐことができるというわけですね。 手間を省くことができる、肌荒れを防ぐことができるという点で、脱毛エステサロンを利用する上で立派なメリットになりますね。



Copyright (C) 永久脱毛は病院でやるべきか?私がキレイになれた方法を公開 All Rights Reserved.