勘違いしていませんか「永久脱毛」

毛深い方の永遠の悩

毛深い方の永遠の悩みの「ムダ毛の処理」。それを、永久脱毛できたら手入れも楽です。永久脱毛と聞くと、多くの人が勘違いしがちなのが、生涯永久的に毛が生えないと思っていることです。永久脱毛とは、毛周期を考慮した一定期間後、発毛率が減少していることをいいます。なので、生えてくる可能性があるのです。

しかし、安心してください。永久脱毛を行うことで毛が生えてくる可能性はほぼありません。もし生えてきたとしても産毛程度です。永久脱毛と呼ばれるのは、施術後に6ヶ月後に毛が生えてこない状態のことをいい、日本で認められているのは、出力の高いレーザー脱毛のみです。クリニックや医療機関でしかできません。

他に、エステサロンでの脱毛を聞いたことがあると思います。エステサロンでは永久脱毛をすることができません。エステでは主にフラッシュ脱毛を行っており、クリニックで行なわれるレーザー脱毛に比べて出力が弱いためです。

エステサロンでは、出力を上げることが認められていません。ここで気になるのが、脱毛の効果・費用は、クリニックとエステサロンのどちらがいいかです。・クリニックの脱毛医療レーザー脱毛は、痛みがなく、脱毛効果は高いです。ただし、料金は高めで両脇の場合、3〜5万円です。

・エステサロンの脱毛両脇1万円コースなどもあり、かなり安いです。何回通い続けても、脱毛効果がない場合もあります。以上から、脱毛するならクリニックでレーザー脱毛ということになります。次に、男性の場合の脱毛を紹介します。男性で毛深い方も、女性のように悩んでいる方は大勢います。

 

そんなとき、男性が脱毛する際に困るのが、女性と違い毛の量が一般的に多いため料金が高額になることです。それに処理の面積も広く、強い黒々とした毛が多いので料金が割増しになるという点です。クリニックの場合、医療レーザーはメラニン色素に反応するため、女性よりも黒々した毛が多い分、確実に処理できることが男性のメリットです。

毛周期を利用した光脱毛について

一般にエステなどで行われる光脱毛は、黒に反応する波長のみを取り出して照射し、毛根部を破壊しますが、照射はいつでも可能というわけではありません。 人の体毛は、毛母細胞に栄養が行き届き毛が成長している成長期、そして毛が栄養をもらい終え抜け落ちるまでの期間の退行期、お休み期間の休止期の3サイクルを繰り返しています。

成長期の毛根は黒く、退行期のそれは白っぽい色をしているため、光脱毛は成長期の黒い毛根にのみ効果があります。 毛周期は人によって違いますが、大体約2、3ヶ月のスパンで繰り返され、一定量生え変わると別の毛孔から毛が生え、体毛の全体のバランスをとる仕組みになっています。

このようにムダ毛1本1本それぞれ違った毛周期があるため、数回の照射を行う必要があるのです。 一方、クリニックなど医療機関での医療レーザーによる脱毛は、出力が高いため毛周期に関係なく施術が可能です。成長期を待たずに脱毛できるので、クリニックでは早ければ1、2ヶ月で脱毛が完了することもありますが、その分1回あたりかかる費用が高くなります。 脱毛を考える際は、エステでもクリニックでも一長一短があります。費用だけでなく、かかる期間も考慮して決めるのがいいでしょう。

ムダ毛を処理に効果的なレーザー脱毛

ムダ毛の脱毛をするなら医療機関でのレーザー脱毛が打って付けです。 なぜレーザーによる脱毛が良いのかと言いますと、まず一回当たりの効果がとても高いという事が挙げられます。 非常に照射力が強い機器ですので、毛根に大きなダメージを与える事ができます。

それによって短期間での脱毛が可能になりますし、さらには広範囲照射が可能なので施術に掛かる時間も短くて済みます。 つまり脱毛に掛ける時間を短縮する事ができますので、あまり時間を掛けたくないという方に打って付けです。 また、施術を受けた後は再度ムダ毛が生えてくるという事があまりありません。

その為、永久脱毛とも呼ばれており、綺麗な肌状態を長持ちさせる事ができるのです。 レーザーによる施術というのは医療行為に当たりますので医療機関のみで受ける事ができるのですが、医療機関を利用すること自体にもメリットがあります。

どんなメリットがあるのかと言いますと、まず医療従事者による施術を受けられますので安心感があります。 また、もしお肌に何かしらのトラブルが起こってしまった場合でもすぐに診察及び治療を受けられるというメリットもあります。 他にも施術後には処方薬を出してもらえますのできちんとアフターケアができます。



Copyright (C) 永久脱毛は病院でやるべきか?私がキレイになれた方法を公開 All Rights Reserved.