永久脱毛で一生むだ毛のない肌に

電車の吊革を持つ時に脇のむだ毛

電車の吊革を持つ時に脇のむだ毛が気になったり、ミニスカートを履いた時に足のむだ毛が気になるという女性がたくさんいます。私もそのうちの一人で、2日に1回はむだ毛の処理をしていました。しかし、剃刀でむだ毛を剃ると、根元が残って毛穴に詰まってしまい、ブツブツとした黒い点が肌にできてしまいました。

また、処理後は肌が乾燥したり、もっと太い毛が生えてきたりと悩みは尽きませんでした。そんな時、友人が永久脱毛をしたと聞き、施術後の肌を見せてもらう機会がありました。その肌は、毛穴が全くなくツルツルで、むだ毛の処理もほとんどしていないとのことでした。それを聞いた私は、友人が通っていたエステサロンを紹介してもらい、永久脱毛をすることにしたのです。

そのエステサロンは、コマーシャルでも有名な大手のエステサロンでした。実際に来店してみると、まずはむだ毛の状態や肌のカウンセリングから行いました。すると、むだ毛には生えてくる周期があり、生えてくる時期に合わせて脱毛処理を行った方がより効果的であると教えてもらい、1週間後から永久脱毛をスタートすることになりました。

私が施術してもらった部位は脇と足で、レーザー脱毛での施術を選びました。他にも施術方法はあるのですが、痛みがないのと、毛穴まで綺麗にすることができると言われたので、レーザー脱毛に決めました。具体的な施術は、レーザーを肌に当てるだけです。全く痛みはありませんし、たった1回でもほとんどのむだ毛が無くなりました。

永久脱毛の場合、普通の脱毛とは違って、むだ毛が生えてくる成分自体を破壊します。そのため1度の脱毛ではまたむだ毛が生えてくるので、1年間通い続けてようやく施術が終了しました。その結果、今まで黒くブツブツとした状態だった肌には毛穴が全く無くなり、ツルツルとした綺麗な肌になりました。また、むだ毛はほぼ生えてこなくなり、生えてきても目では見えないくらいの細い産毛だけになり、むだ毛処理をする必要が無くなりました。


専門店や家庭用脱毛器の効果に違いはあるの?

脱毛を行う際は専門の医療クリニックやエステサロンであったり、家庭用脱毛器などで脱毛する方法がありますが、これらはそれにかかる費用や施術方法といったことなどが違っていることから、それらで脱毛を行うことで得られる効果も変わってきます。

例えば専門の医療クリニックで脱毛をする場合は医療レーザーを使用することになりますから、ある程度肌に負担がかかり料金も高くつく反面あらゆる脱毛方法の中でも一番効き目があります。 エステサロンであるとレーザーではなくフラッシュタイプのものが使用されるので、レーザーのように肌に負担をかけることなく、しかもお手頃な費用でレーザーには劣るもののある程度本格的な効果を得ることができます。

しかも美肌効果も得られることから、普段から肌を露出させる機会が多ければ大変適しています。 家庭用脱毛器は医療クリニックやエステサロンなどで使用されているレーザーやフラッシュといった機能を持ったものを自宅で自己処理することが可能になり、費用の高いものであればあるほど専門店に近いほどの効き目がありますが、プロが行うように処理した箇所がキレイになるという保証はありません。

これら以外にも除毛クリームでのムダ毛処理という方法もあり、これも家庭用脱毛器とおなじく自宅でお手軽にできて肌への負担もないというメリットがあります。 しかし基本的に一時的にしか効き目がないという特徴から、たまにプールや海水浴をするという時にムダ毛処理したいというような時に有効的です。


Copyright (C) 永久脱毛は病院でやるべきか?私がキレイになれた方法を公開 All Rights Reserved.